ふくしまのしょうがいのある子どもと家族のためのふくしまっ子キャンプ2013

しゅうごうしゃしん

東日本大震災後の不安定な環境により、福島の子どもたちは外で活動する機会が減り、また障害児に対する支援は行き届かない状況が続いています。このような環境の中、障害児とその家族の精神的負担は大きいものだと考えられ、支援の必要性を強く感じています。
今年度は参加募集をする地域を福島県北部とし、福島の障害児とその家族の心のケアを図ることを目的とします。安全で安心できる時間と場所を提供し、家族が障害児の付添いということではなくそれぞれが主体的に参加できるプログラムや交流を、世界遺産に登録された富士山の麓にて開催いたしました。

当日は20家族60名の参加を得て、絆を深めることができました。44名の明星大学教育学部の若いボランティアを中心として、サポートをいただきました。

また、この事業に対して寄付を呼びかけ、12団体/16個人から、募金総額 1,827,550 円をいただきました。ありがとうございました。

 

運営体制

主催


主催:日産労連/ゆうらいふ御殿場/(特活)日産労連NPOセンター「ゆうらいふ21」/明星大学星山ゼミ/
(公財)国際障害者年記念ナイスハート基金

協力

(特活)土に還る木・森づくり会

 

このページのトップへ戻る

実施概要

日程

平成25年9月21日(土)~23日(月/祝)2泊3日

場所

ゆうらいふ御殿場(静岡県御殿場市) 及び周辺

参加対象

福島県/ 福島地区周辺の障害のある児童とその家族

内容

野外活動、保護者を対象とした専門家による講座等

参加者

23家族/60名

実行委員

明星大学教育学部 45名/日産労連 7名/ナイスハート基金 3名/その他 3名
実行委員合計 58名

このページのトップへ戻る

プログラム

 
日程 日程 食事/宿泊等
9/ 21(土)
1日目

08:00頃  福島市内発→貸切専用バスにて出発
15:00頃  ゆうらいふ御殿場到着/入室
16:00    交流プログラム

18:00    野外バーベキュー 

昼食/

サービスエリア等で各自

夕食/

ゆうらいふ御殿場

 

ゆうらいふ御殿場泊

9/ 22(日)
2日目
10:00   森のプログラム(森の散策/オリエンテーリング)
14:00   木のクラフト
16:00   ワークショップ
夜       よるのプログラム(キャンプファイヤー)

朝・昼・夕食

ゆうらいふ御殿場

 

ゆうらいふ御殿場泊

9/ 23(月)
3日目

09:00   おわかれのプログラム

10:00   ゆうらいふ御殿場発


18:00頃  福島市内にて解散

朝食/

ゆうらいふ御殿場

 

昼/

お弁当