発達しょうがい児と家族のためのウインターキャンプ

しょうがいのある子どもたちとその家族が、より豊かで楽しい時間を過ごすことができ、親やきょうだい児にとっても居心地のよい場の提供をめざして、キャンプという非日常的な場で様々の立場のボランティアたちと共に集うために、このキャンプを企てました。
 家族だけでは抱えきれない多くの課題と、家族それぞれが自己の立場で生きていくことの意味を考える、ひとつのきっかけになればと願っています。
 このキャンプでは、普段からしょうがい児に関わっている明星大学教育学部の大学生や、福祉活動を率先している日産労連の組合員が、お互いの活動を考える場としても位置づけています。

 

ウインターキャンプ2017

運営体制

主催

日産労連、 NPO 法人日産労連NPOセンター「ゆうらいふ21」、 明星大学星山ゼミ、
公益財団法人国際障害者年記念ナイスハート基金

実施主体

発達しょうがい児と家族のためのWinter Camp 実行委員会
スーパーバイザー:星山麻木(明星大学教育学部教授)

このページのトップへ戻る

現在までの実施事業

ウインターキャンプ2016

ウインターキャンプ2015

ウインターキャンプ2014

ウインターキャンプ2013

ウインターキャンプ2012

ウインターキャンプ2011

 

このページのトップへ戻る