1. 研究の背景

当基金は設立以来、障害の有無に関わらず、楽しみながら行うことのできるプログラムを開発、提供しながら、障害、障害のある方について学べる場を提供してきた。とりわけ、「ふれあいのスポーツ広場」は、平成4年から自動車総連様のご協力を得て全国的に実施し、平成30年度には47都道府県全てにおいて開催することができた中核的なプログラムである。
平成4年度から延べ24万人を超える方にご参加をいただき、障害福祉サービス事業所、障害者団体の皆様にご協力いただいてきた。多くの障害福祉サービス事業所では、社会参加の一環としてスポーツを位置づけ取り組んでいる団体も有り、福祉サービスの提供のみに拘らず、障害のある方の社会的な障壁を取り除くための活動を進めている状況がある。 一方、ユニバーサルスポーツとして、障害の有無に関わらず行うことのできるスポーツプログラムを提供する団体も徐々に増え、2020年のパラリンピック開催を契機に多くの取り組みが行われている。

2. 研究の目的

当基金の設立目的である、よりよい社会づくりのために協働し共生社会づくりへの一助とするため、障害福祉サービス事業所及びユニバーサルスポーツの提供団体と連携し、障害の有無に関わらず行うことのできるスポーツプログラムの充実に寄与することを目的に、この研究を実施する。
(1) 障害福祉サービス事業所におけるユニバーサルスポーツの取組の状況を明らかにする。
(2) 地域を基盤とした、社会参加のためのユニバーサルスポーツの実例と障害福祉サービス事業所との連携の状況を明らかにする

3.研究会メンバー

藤田 紀昭さん(日本福祉大学スポーツ科学部長・教授)
金山 千広さん(立命館大学産業社会学部教授)
林田 はるみさん(桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部教授)

2019年度調査研究事業

(1) 事例の選定

ユニバーサルスポーツを行っている団体を地域、領域に配慮をしながら抽出し、研究会メンバーとの 協議の上、11 団体を選定した。事例の選定にあたっては、障害者スポーツを障害のない方が参加する という形ではなく、障害の有無に関わらず参加できることを重視した。また、現状では障害のある方の 参加がない場合でも、参加の方向性を堅持している団体は対象とした。

(1) めぐろスローエアロビックサークル(東京都目黒区)
(2)( 特非) スポネット弘前(青森県弘前市)
(3)( 特非) ジャパンユニバーサルスポーツ・ネットワーク(東京都大田区)
(4)( 特非) しっきーず(埼玉県志木市)
(5) 共生・共走マラソン実行委員会(大阪府大阪市)
(6)( 特非) 越前市障がいスポーツクラブ(福井県越前市)
(7) 春江町総合型地域スポーツクラブUNITIVE291(福井県坂井市)
(8)( 一社) 日本ウォーキングサッカー協会(東京都台東区)
(9) 日本パラアーティスティックスイミング協会(京都府京都市)
(10) 日本ふうせんバレーボール協会(福岡県北九州市)
(11) 日本卓球バレー連盟(京都府京都市)

ユニバーサルスポーツの普及に関する調査研究2019年度報告書

2020年度調査研究事業

ふれあいのスポーツ広場参加の障害福祉サービス事業所に対するアンケート調査